読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スナックSHOW和のキャラ設定を妄想してみた

キスマイの新曲「Sha la la☆Summer Time」に収録されるユニット曲の情報解禁&視聴が始まりました。

それぞれのユニット曲ごとに、個性が爆発した魅力的なタイトルだったのですが、中でも私が気になったのは「スナックSHOW和」。

タイトルの字面の衝撃もすごかったのですが、スタッフさんがブログに載せていた紹介文の衝撃もすさまじかったのです。

昭和風スナック店内で展開する、組曲「スナック SHOW和」

登場人物はスナックを経営する宮ママ、お客でギャル男の渋谷 光(ミツ)と、

横さん(食品関係会社に勤務のサラリーマン)の3人。

スナックでそれぞれが歌披露するのは、

 

ユーロビート調の「チャラくNIGHT?」(渋谷 光)

演歌調の「涙酒」(横さん)

昭和歌謡調の「男と女のシネマ」(宮ママ)

(スタッフブログより)

渋谷 光、横さん、宮ママ…それぞれの歌の曲名も気になりすぎる…!

と思ったところで、その日の12:00から視聴開始という怒涛のスケジュール。レコード会社の容赦ないプロモーションにまんまとのっかって視聴した私は、さっそくこの昭和3人の虜になってしまったのでした。

 

Twitterでも素敵な絵師さんがそれぞれのキャラクターのイメージイラストをアップされていたり、MVが見たいという声があったり…その注目の高さがうかがえます。

そこで、それぞれのキャラについて、勝手に設定を妄想してしまいました。

 勝手なる妄想が書き連ねてありますので、ご注意ください。

 

★渋谷 光

通称シブミツちゃん。自分のことは「おれっち」と呼ぶ。(公式設定)

悪そうなやつらはだいたい友達な、お祭り野郎。パーマのかかった金に近い茶髪が目印。

パラパラ世代で、今でも音楽を聴けば勝手に手足が動く。若い頃の口癖は「渋谷は俺の庭」だったが、最近はもっぱらギロッポン派。職業は不明だが、お金に困っている様子はない。

ピアスは標準装備で、ジャラジャラしたアクセサリーが好き。女の子は視線だけで殺せるテクニシャン。息をするように数々の女の子をオトしてきたが、数が多すぎて一人一人の顔なんか覚えていない。だが、許されている。

チャラチャラした部分もあるが、男気を大事にしており、一度仲間だと認めた人へはどんなことにも力を尽くす。横さんのことも気に入っている。

一人称が「おれっち」なのは、某アイドルグループのリーダー中居さんをマジリスペクトしているから。

 

★横さん

食品会社に勤務している横さん。(公式設定)

黒髪でキリリとした涼しい目が印象的なサラリーマン。

一見しっかりしているように見えるが、職場では出世街道から外れつつある。料理が好きで、食品への愛は本物。怒ると鬼の横さんと呼ばれ、般若の形相になる。

強いお酒が大好きだが、そこまで強いわけではなく、酔うと滑舌がさらに悪くなって甘えた声を出す。

シブミツとはスナックSHOW和の常連同士。初対面の時は、チャラい様相が気にいっていなかったが、ひょんなことから意気投合し、今ではスナックSHOW和に集合しては夜な夜な飲み明かしている。

 

★宮ママ

昭和生まれの男たちの心のオアシス。世の中の酸いも甘いも知っている。和服が似合う美人さんで、庶民派のスナックを一人で切り盛りしている。

過去に大恋愛を経験しているというが、どういう恋愛だったのかはふんわりとしか教えてくれないので、言葉の端々から推測するしかない。

優しい物腰とおちゃめなトーク、時折混じる鋭いツッコミがお客さんに好評で、たまに人生相談にものってくれる。

時たま強いお酒をすすめてくれるのは、世知辛い世の中を忘れさせてるためという宮ママの心遣い。お勘定には厳しい一面もある。

 

歌詞が全部確認できたら、もっともっと設定とかが見えてきそうで、今から楽しみ。