読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キスマイがもしも、ダウト男だったらという妄想

最近「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」というアプリにハマっています。

koi-game.voltage.co.jp

婚活中の主人公が婚活パーティで10人のイケメンハイスペック男と出会うのですが、10人のうち9人は嘘つき男。浮気だったり、借金まみれだったりと、色々と嘘をついているわけです。そんな9人の男を調査して、見破っていき、理想の1人を見つける、というゲーム。証拠を集めて、つきつけていって、最終的にダウトする(嘘を見破っていくことをこう言う)のが楽しい、そんなゲームです。

 

そして、私はキスマイBUSAIKU!?というバラエティーも好きです。

www.fujitv.co.jp

 毎週出されるお題にキスマイが各々のカッコイイ男を演じる番組です。

そんなわけで、もしもキスマイがダウト男だったら?(ダウト役をしたら?) という妄想をしてみました。あくまで妄想です。

ゲームでは最初に全員と婚活パーティで出会ってから、一人ずつダウトしていくので、こちらも一人ずつ順番に時系列順に書いていきたいと思います。主人公の名前はキスブサにならって、マイコで。

 

・チャプター1
二階堂高嗣:ストーカー男
ストーリーが始まって初回のダウトということで、一番怪しげ(?)な二階堂さんに。
優しそうでデートで楽しませてくれるところで好感度が上がりつつも、二「そういやこの前マイコの家の近所通ったんだけどさ」マイコ(あれ?家の場所なんて話したっけ?)みたいな感じで、徐々に違和感を覚えていく。よくよく考えると、いつもタイミングよく仕事終わりに電話かかってくるし、なぜか私の予定把握してるし、もしかしてストーカー!?と疑惑が高まりファーストダウトへ。
決して悪い人ではないんだけど、その愛の重さが行きすぎてダウトされちゃう役が似合いそうです。


・チャプター2
北山宏光:浮気男
社交的な雰囲気と、男らしい言動にマイコも「いいかも!」ってなるんだけど、だんだんあやしい一面が見えてくる。
マイコ「あれ、女物のピアスが落ちてる(証拠ゲット)」北「ああ、この前、姉貴が家に遊びに来てさ。落としたって言ってたんだよね」ってサラっと嘘つきそう。後に一人っ子ってわかって嘘がバレるきっかけになり、最終的に証拠が出揃って言い逃れが出来なくなったタイミングで「でも、マイコだって俺と一緒にいられて楽しかったでしょ? だったらいいじゃん」みたいな最低な台詞を吐いてほしい。絶対似合う。

北山さんはカッコイイし優しいし男らしいんだけど、ダウト感が漂っているので、わりと序盤でダウトされちゃいそうです。バッドエンドだと、もう大勢いる女のうちの一人でもいいから彼女にしてください!って泣きついていいようにされちゃうのが想像できる。それでも幸せってなりそう。こうやって考えると、なんか北山さんってすごく二次元向きな雰囲気漂わせてますね…。


・チャプター3
横尾渉:非エリート
一言でぴたりと言い表す言葉が見つからなかった自分の語彙力のなさが悔やまれる。料理も出来て、犬とか動物にも優しいし、センスも素敵!しかも、有名企業にお勤めなんて!って大きく心が揺れるんだけど、よくよく調べてみたら、仕事ではぜんぜんエリートじゃなかった。(ぶさりーまん的な)そのままの横尾さんもキュートなんだけど、マイコはエリートと結婚する野望があるので、やっぱりダウト。最終的にマイコが証拠をバンバン出して、追い詰めていった結果、「そんなん勝手にイメージ作ってたマイコがいけないんだろ」って逆ギレするところまでがセット。

まあ、リアルだと横尾さんの「できない」も魅力の一つだと思っているんですが、その不器用さゆえに浮気男ってかんじでもないし、きっちりしてそうだから借金まみれって感じもしないだろうし…。横尾さんをダウトするのは難しい。


・チャプター4
宮田俊哉:冷酷男
宮田さんは、たぶんチャプター2あたりでアニメオタクなのがバレて主人公も迷うんだけど、とは言っても趣味は人それぞれだし、別に嘘ついていたわけじゃなくて知らなかっただけだし、それくらい受け入れる!って主人公が決意したところで冷酷男としてチャプター4でダウトされちゃう。「俺、人を本気で好きになるとかよくわかんないんだよね」とか光のない目でドライに言ってほしい。「あ、別れるつもりなら別にいいよ、じゃあ連絡先消すわ」って捨て台詞を言って、最終的には携帯バキっとやるキスブサの例のやつやってほしいです。宮田さんの絶妙なダウトっぷりをぜひ。


・チャプター5
千賀健永:ヒモ男
これはずっと私が千賀さんにやってほしい役! 「俺、世界に通用するアーティスト目指してるんだよね。でもお金に困ってて」って言う千賀さんに「じゃあ、ビッグになるまで私が支えるよ!」って言っちゃうんだけど、(ん?これってダウト!?)ってお金を振り込む前に気付いてダウト。あんなに優しくしてくれたのも、夢を語ってくれたのも、全部お金のせいだったの!?って絶望に落とされたいです。
優しくて柔和な雰囲気から、つい養ってあげたくなる気持ち、わからなくはないですよね。家に帰ってきたら「おかえり」って、かわいい笑顔で迎えてくれる生活は素敵。化粧品代めっちゃかかりそうだけど。


・チャプター6
藤ヶ谷太輔さん:ショタコン
キスブサでキングって呼ばれるだけあって、あんまり変なダウトは似合わないなあ、と。色々考えた結果、これかな…と。(ごめんなさい。)
何回かダウトの疑惑がかかるたびに「そんな風に心配させてごめんな」って言って頭ぽんぽんとかしてくるし、なかなか決定的な証拠がつかめないんだけど、意外と「そんなとこ?」ってところをミスしてダウトがバレそう。藤ヶ谷さんとマイコのおそろいのキーホルダーかと思いきや、マリウチュともおそろいだった的な。
藤ヶ谷さんは一番正統派感を出すのが上手そうなので、チャプター6まで残っていて、「もしかして、運命の人?」ってところでダウトをするのが楽しそうです。


・チャプター7
玉森裕太さん:びーらぶ男
ゲームでは最後の一人は理想の男なんだけど、せっかくの妄想なので全員ダウトしたい。優しいし、男らしい一面もありつつかわいいし、ちょっとくらいダメな部分も愛嬌で許されてしまうであろうということで、一番ダウトが難しそうです。そんな中、唯一ダウトポイントが、びーらぶ男。マイコとデートしてても「宮田がさー」って宮田さんの話題を出し過ぎて(仲良しだなあ…)って最初は思ってたんだけど、最終的にいっしょにお風呂に入っていることを知って、「そんな人とはお付き合いできない…!」ってマイコの心が折れる
玉森さんなら「私と宮田くん、どっちが大事なの?」って聞いたら即答で「マイコ」って言ってくれると思うんですが、一方で(私よりも宮田くんと会ってる頻度が多すぎる…!)と気付いてしまうわけですね。残念。

 

キスブサのCMでダウトをやってたりするので、キスブサのテーマで「かっこいいダウト男の振る舞い方」をぜひやってほしいな、と思いつつ。

勝手な妄想してすみませんでした!でも楽しかった!