読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I SCREAM 6moviesの感想とちょっとだけ考察のような妄想(前半) ※ネタバレ注意

Kis-My-Ft2の「I SCREAM」の“6movies”のMVとメイキング見ました。

七者七様。おもしろくてかっこいい。

そんな6moviesのネタバレがありますので、ご注意ください。

感想とちょっとだけ考察のような妄想があります。

まず、FIRE!!!、Get Ready、ヲタクだったってIt's Alright!の3曲の感想を。


●FIRE!!!
言わずと知れた、ライブでとにかく盛り上がる藤北の名曲。
私の中では、一番印象に変化があったMVでした。

最初に公式サイトとかテレビとかで予告を見た時は、王道かっこいいにしたんだなあ、と感じていました。
それぞれ他のメンバーが個性的な分、王道にかっこいい系で行くのが藤北なんだ、と思っていました。

でも、実際MVを見たら、映像の見せ方で時間軸をゆがませる演出をしたり、王道かっこいいにとどまらない挑戦もしているんだな、と。
藤ヶ谷さんはスマートに、北山さんは挑発的に振る舞いながらダンスバトルをする姿は、完成された二人だけの世界でした。
背中合わせ、とよく表現される二人だけど、本当に好敵手という言葉が似合うMV。

そして、ここから勝手な考察のような妄想なんですが、最初に藤ヶ谷さんと北山さんが白い空間に二人で佇んでいるシーンは、パラレルワールドの分岐点のような空間なのかな、と思っています。最初に藤ヶ谷さんが手をかざした黒い塊からは「証」のイントロが流れて、北山さんが手をかざした塊からは「FIRE!!!」のイントロが流れる。これは、それぞれのパラレルワールドごとに二人の関係性が全く違っていて、そんな中今回はFIRE!!!の世界を見せますよ、と言ってるようで。

ワンカットで色々なところからお互いが出現したり、映像を逆再生したりして、時間軸がゆがむような演出をしているのも、そのパラレルワールドのような時間のトリックの演出を意識しているからなのかも…なんて勝手に思ったり。

あと、一番驚いたところは、最終的に狙っていた女性は2人に分離して(最初バイロケーションかと思った笑)、藤ヶ谷さん・北山さんそれぞれに肩を抱かれて去っていくシーン。
藤北の「もはや女性よりも闘った相手の存在が気になってしょうがない」という表情がすごくビリビリしてかっこよかったです。
これ、女性が2人になるっていうストーリーがすごいなあ、と思ったんですよね。
女性が1人だったらどちらかに勝敗がついてしまうし、勝敗がつかないようにすると二人とも女性を手に入れられなくて、結果的に両者が負けてしまう。
でも、女性が2人になって、それぞれについていく。女性を奪うという勝負にはどちらも勝っていて、でもお互いの優劣を競う勝負はついていない、という憎い演出だと思いました。

そうして、パラレルワールドの分岐の世界に戻った二人。
ラストに藤北がまた違った黒い塊に手をかざすと、「& say」のイントロが流れて、まだまだ違う二人の世界があるんだと予感させる。
なんてずるい終わり方や…! 全部の世界を覗きたくなってしまう…!そんなMVでした。
だいぶ妄想なんですが、でもこうやって妄想の余地を残しているのが演出の戦略のような気がします。

メイキングでは、真剣すぎる二人のまなざしがとても印象的でした。職人のような、ああ、これが藤北の魅力なんだなあ、と。
他の組み合わせやそれぞれのソロMVももちろん見たいけど、また他の藤北のパラレルワールドも期待しています。


●Get Ready
ダンスが得意な千賀さんの魅力がつまったイケメン曲。
王子さまとストリートっぽさの二面性が上手く出ていて、上品でおしゃれでかっこいいなと思いました。

曲を視聴したときのイメージとMVのギャップが一番なくて、いい意味で予想通りで期待通りのかっこいいMVが見られました。
キメるところはキメつつ、ラフでノリのいいところが、千賀さんの好きそうな曲だなあと聴いていて勝手に思っていたんですが、MVも千賀さんの好きそうなものがたくさんつまっていた気がします。

金髪と青いジャケットにアメリカ風のロケーションがほんとよく合うし、オープンカーもかっこいい。 カラフルなカーキのシャツもオシャレが好きな千賀さんらしいし、ぶれないかっこよさをわかっていると思いました。(このために金髪にした千賀さん、さすがです。)

その上、得意のダンスをがっつり踊っていて、他のメンバーに負けたくないっていう野心的なところが見え隠れしているのも、千賀さんらしくてよかったなと。
年下だからなのか、私の勝手なイメージなんですが、わりとキスマイメンバーの中でも他の人に負けたくないってところを一番出しているのが千賀さんだと思うんですよね。かっこいいところで負けたくない、というか。そういう負けず嫌いな部分も含めて、千賀さんの魅力がたっぷりでした。

メイキングでは、憧れのダンサーさんたちに囲まれて年下感たっぷりのかわいいところとか、笑顔が止まらないところとか、ちょっとおちゃめなところとか、本当に楽しそうなところが映っていました。s**t kingzさんにキラキラした顔で話しかけてる様子とか、ボケちゃって笑ってるところとか、すごく微笑ましかったり、見ていて楽しかったです。
あと、個人的にはオープンカーに話しかけて「こんにちは、お名前は?」「マスタングです」「今日よろしくお願いします」「よろしくおねがいします」って一人千賀劇場をしているところがツボでした。そういうちょっとずれちゃっているボケもかわいい。

でも、一番の見どころはやっぱりダンスで、メイキングだと通しでずっと踊っている姿がノーカットで映っていて、それがひたすらかっこいい。動きが軽やかで、のびのびしているところと止まるところのバランスが見ていて気持ちが良かったです。
ダンスの打ち合わせもがっつり映してくれて、そうやってダンスを作り上げていくんだってところを見せてもらえて、それも他のMVとは違った千賀さんらしさなのかな、と思いました。

コンサートでは、さらにがっつりダンスを見せてもらえるのかな、と今から楽しみです。


●ヲタクだったってIt's Alright!
鉄拳さんとヒャダインさんの協力、さらにリアルヲタク男子を集めるという、話題性抜群の宮田くんらしい曲。
これは、宮田くんって本当にすごい、と思った曲でした。
そして、こんだけキャラ出せてまだ足りないか!と貪欲な宮田くんを勝手に垣間見たような気がしました。

最初の鉄拳さんのパラパラまんがでは、小さい頃のかわいい宮田くんの様子や、お母さんの愛に包まれて育った宮田くんの様子が描かれています。
これは、中居さんが掘り起こして作ってくれたお母さん大好きキャラを活かしているのかな、と思いました。もしかしたら、せっかくもらったキャラだから育てていこうと思っているのかもしれないですね。(いつもMomm!で中居さんにマザコンキャラを振られると、間違いなくおもしろい受け答えができるところに感心してます)

そして、アイドルの宮田くん。途中イケボになって恋愛の歌詞を歌うところから、「王子様でいる」とアイドルを忘れない、ファン想いの宮田くんが見えました。
(木の下はときメモ意識かな笑)ヲタクでも王道のイケメンキャラもやる。やっぱりアイドルなんですよね笑。

さらに、ガチヲタの精神も忘れず、早口でまくしたててデュフフフしちゃうわ、キモく萌え萌えキュンで増殖しちゃうわ、ダンスキレキレでオタゲーするわ、オタク系アイドル要素を存分に発揮。
ここまでで、マザコンキャラ、王子さまキャラ、キモオタキャラ、キレキレダンス、とどんだけ魅力を出せば気が済むんだ!というくらい、宮田くんのキャラクターがつまっていますよね。

それから、玉森さんの出演もあるかも?と宣伝で聞いていましたが(ちゃんと確認してないけど、ところどころキスマイメンバーが映っているので、おそらく全員いるんだろうけど)、まさか「一生愛してる」という歌詞のシーンで、手でハートマークをつくるシーンに宮田くんと同じポーズをして街中に玉森さんがいるとは! しかも、尋常じゃない数の玉森さん。(秋葉原が一瞬で黄色い笑)
宮玉スピリットも忘れない宮田くんが大好きです。

極めつけは、1曲の中でこれだけのキャラを出して演じる宮田くんから、俳優としての側面も感じるんですよね。
王子役もヲタク役もこなすマルチな俳優さん。そんな可能性を見せてくれる宮田くんは、改めてすごいです。

メイキングのヲタク男子と話しているところも、すごく和やかで、いろいろな人に好かれる宮田くんの人柄を感じました。鉄拳さんやヒャダインさんに協力してもらえたのも宮田くんの人柄あってこそだと思うので、そういうところも見えちゃうお得で素敵なMVでした。

後半は近々また…!

KAT-TUNの10Ks!感想

ハイフンの妹に連れて行ってもらったKAT-TUNの充電前最後のコンサート10Ks!の感想を書こうと思ったのに、当日は圧倒されるわ、色々胸がいっぱいだわ、ハイフンさんのブログで感想をたくさん読んだらもう考えさせられるわで、なかなか書けませんでした。

というか、そもそも私なんかが書けることなんて何もなかった笑

というわけで、印象に残っている10Ks!のコンサートの曲について、自分用の備忘録を。ちなみにKAT-TUNのコンサートに連れて行ってもらったのは3回目で、もちろん妹の長年にわたる英才教育のおかげで曲もC&Rも存分に楽しみました。

 

[しっとり系印象に残った曲①] 4U

コンサート後、ずっと頭にサビのフレーズがこだましてました。途中でファンがサビを合唱するところがあったんだけど、「街中に溢れてる 飾られた夢より 絶え間ない優しさ 希望をくれた キミへ」って歌詞が、KAT-TUNからファンへのメッセージでもあるようで、ファンからKAT-TUNへの想いでもあるのかな、なんて勝手に思っていました。ほんとにいい曲。

 

[しっとり系印象に残った曲②] White X'mas

 これはもう、幻想的な演出とメンバーの存在感が鮮やかにマッチした曲と演出だなあ、って思いました。

White X'masのPVは世界観とかストーリーとかがとても好きで、いい曲だなあと思ってはいたのですが、コンサートからも、儚さとか、切なさとか、ほのかな温かさとかが、佇むKAT-TUNから滲み出ていて壮大なストーリーを感じました。演出で舞い散る雪の中ステージ上で歌う姿が、こう書くのも変ですが、とっても神々しくて。個人的にDVDになったときどう映っているのかがとても楽しみな曲でした。

 

[全体の中で一番印象に残った曲] Peacefuldays

やっぱり、ファンにとってもメンバーにとっても、大事な一曲だなって感じがしました。メンバーの頭文字をとってできたグループだからこそ、なのかな。呼びかける一文字一文字が大切な感じがします。明るい未来を伝えてくれる曲だからこそ、これからのグループの未来に重ねたいなと感じる曲でした。

 

書ききれなかったけど、好きな曲はもっといっぱいあって。「僕らの街で」をコンサートで聞くとじーんとくるし、「YOU」の大人っぽい雰囲気にやられたし、「In Fact」のダンス好きだし、「LIPS」の勢いのある感じも好きだし、「PRECIOUS ONE」は聞けば聞くだけ名曲だし、亀梨さんが「Love yourself」でテンパってたのも可愛らしさ爆裂だし、「CHANGE UR WORLD」でバイクでの登場の上田さんわけわかんないくらいかっこよかったし、中丸さんのボイパは安定のおもしろさでした。

 

色々勝手に書いたけど、やっぱりひとつ言えるのは、連れて行ってもらってよかったな、ってこと。妹、ありがとう。充電が完了した後のコンサートも行けたらいいな。

広告を非表示にする

舞祭組キス事変

4月18日のモム!!で事件が起こりました。

www.tbs.co.jp

もともと予告でキスにまつわる事件が起こることは予想してたのですが、正直想像以上でした。

フリースタイルラップというラップをしながらのケンカ(?)に挑戦をした舞祭組。にらみ合っているうちに距離が縮まってキスしちゃう(©上島/出川)という、王道でありつつファンの心を揺さぶった件について、衝撃が強すぎたので感想を書きます。

 

・宮田VS千賀

舞祭組の中だとよくケンカコンビにされる宮千。(キスマイフェイクの宮千ケンカ芸とか懐かしい)

 舞祭組対決ということで中居さんから指名され、にらみ会いながら近づいていったのですが、どこからか聞こえる「キスしちゃいそう」の声。

ぎこちなく唇を尖らせる宮田さんとそれに応える千賀さん。まさかのほんとのほんとにぶつかっちゃって、すかさず唇押さえる千賀さん、かわいいがすぎました。

 

そして、なんか中途半端になっちゃったということで仕切り直し。にらみながら無事に(?)しっかりキス。リップ音と震えてる唇とあまりにも美しい絵に一人で見てて爆笑しました。

ちなみに、ここでの注目ポイントは宮田さんがキスする瞬間に目を閉じたこと。

一回目の微妙なキスのあとは二人とも照れて唇拭いてるのに、二回目のあとは堂々としてたのも、一回目の不意打ち感が強調されててよかったです。

舞祭組のキスシーンなかなか拝めないので、「へえ、こんな風にキスするのね」的な視線でニヤニヤ見ました。

 

ラップでは、千賀さんの「おれの膝の軟骨減った その減った軟骨で 軟骨のからあげ作ればいいじゃん お母さんと食べろよ」というもうわけわかんないのがかわいくてかわいくて、宮千の魅力が引き出されていたような気がしました。宮田さんのマザコンキャラを上手く使えなかったとこも含めて可愛かったです。ありがとうフリースタイルラップ。

 

・二階堂さんVS森三中黒沢さん(キスはしてない)

これはもう、ひたすら黒沢さんのラップがよかったです。

黒沢さんが「(股間見ながら)●●●(バキューン)出てっちゃってんじゃねーの」って言った後のニカちゃんが「出てないからっ!」って照れながら反論するのがかわいい。

個人的には二階堂さんはいじる側よりいじられる側にいるほうが可愛くて好きです。(ちなみにキスマイでいじりが上手いのは宮田さんと藤ヶ谷さんかな、と勝手に思っています。宮田さんが千賀さんをいじる時と、藤ヶ谷さんが宮田さんをいじるのがいい。)

キス未遂も含めて、なんかもうすべて黒沢さんのバランスがとてもよかったと思いました。

 

・横尾さんVS破天荒吉村さん

宮千キスの衝撃がふっとんだ横尾さんと吉村さんのターン。

自称破天荒の吉村さんが横尾さんをホールドして、押し倒して唇を奪っていく、という「フリースタイル」ぶり。押し倒されるまでは拒否の姿勢をとっていた横尾さんが、押し倒された瞬間にすべてを受け入れて腕を背中にまわすわ足を絡めるわで、なんかもうごちそうさまでした!

その上、吉村さんがラップでもう一回キスをする、という流れに持っていくなか、横尾さんも「その言葉 ちょっと待っていましたよ」と返事をする。横尾さんの年上キラーっぷりが垣間見えた気がしました。そしてさらに濃厚なキス二回目。これぞバラエティ!

細かいところですが、二回目のキスのあとに唇をぐいっと拭いた横尾さんが男らしくてイケメンでした。一瞬しか映らなかったのですが、色気が!不本意感が!みなさんもぜひ見てみてください。

 

・その他

今回カメラさんとスイッチャ―さんが絶妙でしたね。宮千の時はアップで唇がふれてるのがしっかり映っていて、横尾さんと吉村さんの時は引きになったり見てる人のリアクションを映したりしてて、絶妙に生々しくならないようになってたり……技術さん、素晴らしい。

 

 さて、今度はキスマイでもフリースタイルラップやってくれないかなぁ、と妄想しつつ。今回のモムに感謝をしたいと思います。

広告を非表示にする

キスマイがもしも、ダウト男だったらという妄想

最近「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」というアプリにハマっています。

koi-game.voltage.co.jp

婚活中の主人公が婚活パーティで10人のイケメンハイスペック男と出会うのですが、10人のうち9人は嘘つき男。浮気だったり、借金まみれだったりと、色々と嘘をついているわけです。そんな9人の男を調査して、見破っていき、理想の1人を見つける、というゲーム。証拠を集めて、つきつけていって、最終的にダウトする(嘘を見破っていくことをこう言う)のが楽しい、そんなゲームです。

 

そして、私はキスマイBUSAIKU!?というバラエティーも好きです。

www.fujitv.co.jp

 毎週出されるお題にキスマイが各々のカッコイイ男を演じる番組です。

そんなわけで、もしもキスマイがダウト男だったら?(ダウト役をしたら?) という妄想をしてみました。あくまで妄想です。

ゲームでは最初に全員と婚活パーティで出会ってから、一人ずつダウトしていくので、こちらも一人ずつ順番に時系列順に書いていきたいと思います。主人公の名前はキスブサにならって、マイコで。

 

・チャプター1
二階堂高嗣:ストーカー男
ストーリーが始まって初回のダウトということで、一番怪しげ(?)な二階堂さんに。
優しそうでデートで楽しませてくれるところで好感度が上がりつつも、二「そういやこの前マイコの家の近所通ったんだけどさ」マイコ(あれ?家の場所なんて話したっけ?)みたいな感じで、徐々に違和感を覚えていく。よくよく考えると、いつもタイミングよく仕事終わりに電話かかってくるし、なぜか私の予定把握してるし、もしかしてストーカー!?と疑惑が高まりファーストダウトへ。
決して悪い人ではないんだけど、その愛の重さが行きすぎてダウトされちゃう役が似合いそうです。


・チャプター2
北山宏光:浮気男
社交的な雰囲気と、男らしい言動にマイコも「いいかも!」ってなるんだけど、だんだんあやしい一面が見えてくる。
マイコ「あれ、女物のピアスが落ちてる(証拠ゲット)」北「ああ、この前、姉貴が家に遊びに来てさ。落としたって言ってたんだよね」ってサラっと嘘つきそう。後に一人っ子ってわかって嘘がバレるきっかけになり、最終的に証拠が出揃って言い逃れが出来なくなったタイミングで「でも、マイコだって俺と一緒にいられて楽しかったでしょ? だったらいいじゃん」みたいな最低な台詞を吐いてほしい。絶対似合う。

北山さんはカッコイイし優しいし男らしいんだけど、ダウト感が漂っているので、わりと序盤でダウトされちゃいそうです。バッドエンドだと、もう大勢いる女のうちの一人でもいいから彼女にしてください!って泣きついていいようにされちゃうのが想像できる。それでも幸せってなりそう。こうやって考えると、なんか北山さんってすごく二次元向きな雰囲気漂わせてますね…。


・チャプター3
横尾渉:非エリート
一言でぴたりと言い表す言葉が見つからなかった自分の語彙力のなさが悔やまれる。料理も出来て、犬とか動物にも優しいし、センスも素敵!しかも、有名企業にお勤めなんて!って大きく心が揺れるんだけど、よくよく調べてみたら、仕事ではぜんぜんエリートじゃなかった。(ぶさりーまん的な)そのままの横尾さんもキュートなんだけど、マイコはエリートと結婚する野望があるので、やっぱりダウト。最終的にマイコが証拠をバンバン出して、追い詰めていった結果、「そんなん勝手にイメージ作ってたマイコがいけないんだろ」って逆ギレするところまでがセット。

まあ、リアルだと横尾さんの「できない」も魅力の一つだと思っているんですが、その不器用さゆえに浮気男ってかんじでもないし、きっちりしてそうだから借金まみれって感じもしないだろうし…。横尾さんをダウトするのは難しい。


・チャプター4
宮田俊哉:冷酷男
宮田さんは、たぶんチャプター2あたりでアニメオタクなのがバレて主人公も迷うんだけど、とは言っても趣味は人それぞれだし、別に嘘ついていたわけじゃなくて知らなかっただけだし、それくらい受け入れる!って主人公が決意したところで冷酷男としてチャプター4でダウトされちゃう。「俺、人を本気で好きになるとかよくわかんないんだよね」とか光のない目でドライに言ってほしい。「あ、別れるつもりなら別にいいよ、じゃあ連絡先消すわ」って捨て台詞を言って、最終的には携帯バキっとやるキスブサの例のやつやってほしいです。宮田さんの絶妙なダウトっぷりをぜひ。


・チャプター5
千賀健永:ヒモ男
これはずっと私が千賀さんにやってほしい役! 「俺、世界に通用するアーティスト目指してるんだよね。でもお金に困ってて」って言う千賀さんに「じゃあ、ビッグになるまで私が支えるよ!」って言っちゃうんだけど、(ん?これってダウト!?)ってお金を振り込む前に気付いてダウト。あんなに優しくしてくれたのも、夢を語ってくれたのも、全部お金のせいだったの!?って絶望に落とされたいです。
優しくて柔和な雰囲気から、つい養ってあげたくなる気持ち、わからなくはないですよね。家に帰ってきたら「おかえり」って、かわいい笑顔で迎えてくれる生活は素敵。化粧品代めっちゃかかりそうだけど。


・チャプター6
藤ヶ谷太輔さん:ショタコン
キスブサでキングって呼ばれるだけあって、あんまり変なダウトは似合わないなあ、と。色々考えた結果、これかな…と。(ごめんなさい。)
何回かダウトの疑惑がかかるたびに「そんな風に心配させてごめんな」って言って頭ぽんぽんとかしてくるし、なかなか決定的な証拠がつかめないんだけど、意外と「そんなとこ?」ってところをミスしてダウトがバレそう。藤ヶ谷さんとマイコのおそろいのキーホルダーかと思いきや、マリウチュともおそろいだった的な。
藤ヶ谷さんは一番正統派感を出すのが上手そうなので、チャプター6まで残っていて、「もしかして、運命の人?」ってところでダウトをするのが楽しそうです。


・チャプター7
玉森裕太さん:びーらぶ男
ゲームでは最後の一人は理想の男なんだけど、せっかくの妄想なので全員ダウトしたい。優しいし、男らしい一面もありつつかわいいし、ちょっとくらいダメな部分も愛嬌で許されてしまうであろうということで、一番ダウトが難しそうです。そんな中、唯一ダウトポイントが、びーらぶ男。マイコとデートしてても「宮田がさー」って宮田さんの話題を出し過ぎて(仲良しだなあ…)って最初は思ってたんだけど、最終的にいっしょにお風呂に入っていることを知って、「そんな人とはお付き合いできない…!」ってマイコの心が折れる
玉森さんなら「私と宮田くん、どっちが大事なの?」って聞いたら即答で「マイコ」って言ってくれると思うんですが、一方で(私よりも宮田くんと会ってる頻度が多すぎる…!)と気付いてしまうわけですね。残念。

 

キスブサのCMでダウトをやってたりするので、キスブサのテーマで「かっこいいダウト男の振る舞い方」をぜひやってほしいな、と思いつつ。

勝手な妄想してすみませんでした!でも楽しかった!

はじめてみました

ツイッターをしていて、たまにフォロワーさんとか、RTとかで流れてきたりする方のブログを見て、おもしろいなあ、って読んでいました。

そんな私ですが、最近なんか文章を書いてみたい気持ちが強くなって、もう勢いで作っちゃえ、とブログを開設しました。

 

これといって人に言える趣味がないのですが、好きなものとか、読んだ本とか、映画の感想とか書いてみたいな、と思います。

 

にしても今日のお題とか出てくるんですね!最近のブログはすごいなあー!

広告を非表示にする